年齢を重ねても変わらずつけられる結婚指輪を選ぼう

2017/02/27 結婚指輪

年齢を重ねても変わらずつけられる結婚指輪を選ぼう

2017.02.27

年齢を重ねても変わらずつけられる結婚指輪を選ぼう

結婚指輪は一生身に着けるものですから、年齢を重ねても変わらず着けられるデザインを選ぶことが大切です。 今検討している結婚指輪は10年後も、20年後も、30年後も身に着けられるデザインでしょうか? 購入を決める前に、年齢を重ねても身に着けられる結婚指輪のデザインについて知っておきましょう。

 

シンプルでどんな服装にも合うものを選ぼう

結婚指輪の購入をする多くの方は、20~30代という若い世代の方が中心となります。
そのため、ファッション性が高くデザインに凝ったものだったり、ダイヤモンドがふんだんに使用されていてキラキラに輝きているものを検討している方も多いでしょう。
もちろん、オシャレで豪華な結婚指輪は、特別感があり手元を華やかに演出してくれるものです

しかし、年齢を重ねるごとに冠婚葬祭に出席する機会が増えたり、ファッションが落ち着いてきたりすることを考えると、普段使いのしやすいシンプルなデザインのものも重宝するでしょう。
将来どんな服装をするようになるか今はまだ分かりませんが、長く結婚指輪を愛用するためには、どんな服にも年齢でも似合うような、シンプルで洗練されたデザインのものが活躍してくれます。

 

重厚感のあるデザインもおすすめ

年齢を重ねると、手元にシワが増えたりたるみが出てしまうもの。
若い頃の手には細く華奢な指輪が似合いますが、年齢を重ねるとある程度ボリュームがあり重厚感のあるデザインも似合うようになります。

女性らしい細めの結婚指輪も素敵ですが、年を重ねても身に着けることを考えると、ほどよく太さがあるものもおすすめです。

 

丈夫な素材の結婚指輪を選ぼう

結婚指輪は、何十年と長く身に着けるものです。 日常生活も共に過ごす宝物となりますが、普段の生活を送っている中では、指輪をぶつけたり、刺激が加わってしまうこともあるでしょう。
そんなとき、結婚指輪の素材が耐久性のないものだと、すぐに傷がついたり変色してしまったりする恐れがあります。

大切な結婚指輪をいつまでも美しく使用するためには、できるだけ傷や変色などが起こりにくい強い素材のものを選ぶことも重要なポイント。
すぐに傷ができてしまう素材を選んでしまうとメンテナンスも大変で、年々傷だらけの指輪になっていってしまいます。
プラチナやゴールドなど、地金をたっぷりと使った丈夫なものを選ぶようにしましょう。

丈夫な素材の結婚指輪を選ぼう

結婚指輪は一生ものです。ずっと身に着けることを考えて、2人でじっくりと話し合ってから購入するようにしてください。
作りがしっかりとしたシンプルなものを選ぶことで、2人で長く身に着けられるようになるはずです。

 

 
一覧へ戻る
  • lineオーダーのバナー
  • カタログ請求のバナー
  • webカタログ請求のバナー