ナシ婚でも盛り上がりたい! 記念になる思い出作り3つ

2016/12/02 結婚指輪

ナシ婚でも盛り上がりたい! 記念になる思い出作り3つ

2016.12.02

結婚といえば人生の一大イベント。
でも、「人前に立つのが苦手」「授かり婚でスケジュールに余裕がない」「もっと他のことにお金を使いたい」などの理由で、結婚式をしない「ナシ婚」を選ぶカップルも増えています。

いくらナシ婚だとは言え「婚姻届を出してハイおしまい!」ではさすがに味気ないもの。そこで今回は、式を挙げなくても結婚をイベントとして楽しむことができる3つのアイデアをご紹介します。

 

1.ウエディングフォトを撮る

「結婚式はしなくていいけど、ウエディングドレスは着たい!」

そんな女性の憧れを叶えてくれるのがウエディングフォト。
ウエディングドレスとタキシードを着て、プロのカメラマンに撮影してもらうプランがとても人気です。
スタジオによっては屋外での撮影OKなところもあるので、2人の思い出の場所や海辺、緑のきれいな公園など写真映えするロケーションで撮影するのもステキです。

とっておきの1枚を残しましょう。

 

2.デザイン婚姻届

一般的な婚姻届は役所でもらうことができるシンプルなものですが、実はそれ以外のデザインの婚姻届も、フォーマットさえ守られていれば受理してもらうことができるとご存知でしょうか?
自分たちらしくデザインされた婚姻届を用意するカップルも増えています。

無料でWebサイトからダウンロードできるものを使うほか、自分たちでデザインしたり、専門の業者に発注したりという方法も。
デザイン婚姻届は、2部用意して1部は役所に提出、もう1部は新居に飾ると結婚の記念になっておすすめです。

 

3. 結婚指輪を2人で手作りする

重ね着けを前提にした婚約指輪の選び方

結婚式をしない「ナシ婚」だととしても、結婚指輪は購入するカップルが多いと思います。
もちろんお店に買いに行くのも良いですが、こだわり派の2人には自分たちの手でお互いの指輪を手作りする、世界にひとつだけのオリジナル結婚指輪がおすすめです。
アクセサリー作り初心者でも、手順を丁寧に教えてくれる工房を選べば、気持ちのこもった素敵な指輪を作ることができます。

何より結婚の記念になりますし、一緒に手作りすれば夫婦としての絆も深まること間違いなし。
手作りなら自分たちで考えたデザインで作ることも可能なので、「なかなか気に入った指輪が見つからない」というカップルも要注目です。

 

2人だけの結婚式もおすすめ

ここまで、ナシ婚でも結婚の思い出作りができるアイデアをご紹介してきましたが、もしも「やっぱり結婚式をしないのはしばらく経ってから後悔しそう……」という気持ちがあるならば、 2人だけでささやかに式を挙げるという方法もあります。

一般的な挙式に比べれば費用もずっとリーズナブルなことが多いので、気になる方はぜひチェックしてみてください。

 
一覧へ戻る
  • lineオーダーのバナー
  • カタログ請求のバナー
  • webカタログ請求のバナー