エンゲージメントフォトでハッピーな2人の姿を残そう

2017/01/16 婚約指輪

エンゲージメントフォトでハッピーな2人の姿を残そう

2017.01.16

エンゲージメントフォトでハッピーな2人の姿を残そう

プロポーズが無事終了して両家への挨拶も済んだら、結婚式までの期間は2人にとって幸せが溢れる至福の期間。
そんなハッピーな期間にぜひ行ってほしいのが「エンゲージメントフォト」の撮影です。

「エンゲージメントフォトって、結婚式の前撮りとは違うの?」と疑問を抱く方も多いと思いますが、前撮りとは全くの別モノ。
今回は、最高にハッピーな2人の姿を残す「エンゲージメントフォト」をご紹介いたします!

 

「エンゲージメントフォト」って?

エンゲージメントフォトとは、婚約してから結婚するまでのカップルの姿を写真撮影する「婚約フォト」のこと。実際にはまだ夫婦ではない、婚約状態の幸せなカップルを自然体な姿で写真におさめることが目的です。

また、結婚式の前撮り撮影は、ウェディングドレスやタキシードなどの結婚式衣装を着て取るものですが、エンゲージメントフォトは私服で撮影するのが一般的となっています。
普段の姿で、いつも通りの等身大の幸せを1枚の写真におさめることができるというのが魅力の1つなのです。

このエンゲージメントフォトは、もともと欧米で行われていたものですが、最近では日本でも人気が上昇しています。
前もってエンゲージメントフォトを撮影しておくことで、結婚式のウェルカムボードやプロフィールビデオなどにも利用できるため、結婚式に備えて用意するカップルも多いのです。

 

どこで誰に撮ってもらえばいいの?

プロのカメラマン、もしくは撮影の上手な友人に頼むと自然な雰囲気の2人の姿を撮ることができます。
カメラマンにこだわりたいという方は、エンゲージメントフォトを得意として扱うプロカメラマンも増えているので、自分の好きなテイストの写真を撮影してくれるカメラマンを探してみても良いでしょう。

また、場所に関しては、基本的に2人の好きな場所で撮影をします。
2人がよく行った公園や、よく通った道、プロポーズの場所など、2人にとって思い入れのある場所を選ぶカップルが多いようです。
思い出の場所以外にも行ってみたかった場所や、2人の好きな場所での撮影を選んでもOK。
どんな場所で撮影をしたいのか、2人で話し合いながら決めていきましょう。

 

小道具をたくさん使って遊び心を出して

エンゲージメントフォトは私服での撮影が一般的ですが、もちろん普段よりもオシャレをして撮影してもOK。
よそ行き用のワンピースやスーツを着たり、ヘアメイクなどにもこだわって特別感を演出するのも素敵です。

また、幸せなカップルの姿をより仲良く見せてくれるペアルックもオススメです。
普段はなかなかできないという方でも、一生に一度のエンゲージメントフォト撮影時だからと考えれば挑戦しやすいでしょう。
どうしても恥ずかしいという方は、スニーカーをお揃いにしたり、ボトムの色を揃えたりするだけでも統一感を演出することができます。

小道具をたくさん使って遊び心を出して

何年後、何十年後に見ても婚約中の楽しい時間を思い出すことができるエンゲージメントフォト。
新しく夫婦になる2人の、幸せいっぱいの表情を写真に収めることができるのは婚約期間中だけ!
今しか撮れない2人の姿を素敵な写真におさめて、たくさんの思い出を残しましょう。

 

 
一覧へ戻る
  • lineオーダーのバナー
  • カタログ請求のバナー
  • webカタログ請求のバナー