2人らしいオリジナリティを演出!「結婚報告はがき のアイデア」

2016/11/25 その他オプション

2人らしいオリジナリティを演出!「結婚報告はがき のアイデア」

2016.11.25

2人らしいオリジナリティを演出!「結婚報告はがき のアイデア」

人生で最大のイベントともいえる結婚式を終え、これから新たな新婚生活の幕開けという幸せいっぱいな時期にも、実はまだやるべきことがあります。
それは、結婚式に来てくれた方、または結婚式に呼ぶことができなかった方へ「結婚報告のはがき」を送ること。

結婚報告のはがきには、結婚式を挙げたことの報告だけでなく、今後のお付き合いをお願いする意味も込められているので忘れることなく送りましょう。
感謝の気持ちと幸せな2人のオリジナリティがふんだんに詰め込まれた「結婚報告はがき」のアイデアをご紹介いたします。

 

「結婚報告はがき」のマナーとは?

はがきを実際に送る前に、結婚報告時のマナーを知っておきましょう。
まず、結婚報告はがきを出すタイミングですが、結婚式後の1~2か月以内に出すのがマナーだといわれています。
結婚式場やスタジオで撮った写真を使う場合は、データ待ちになることもあるので、写真のデータが上がってきたタイミングで速やかに送れるよう、準備をしておくことが大切です。
もしタイミングを逃してしまったら、年賀状や暑中見舞いなど季節の挨拶と合わせて結婚報告はがきを送るのも良いでしょう。

また、結婚式に参列してもらった、事情があって参列できなかった、お祝いをいただいたという方にはがきを送るときは、必ず手書きのメッセージを入れましょう。
もし、年賀状でしかお付き合いがないような方へ結婚報告をするときには、結婚式の写真を入れるか入れないかをその人との関係性によって変えるとベストです。

 

結婚報告はがきで2人らしさを出すアイデア

結婚報告はがきを業者に依頼すると、ある程度決められたパターンの中からデザインを選んで作成するという流れが一般的です。
それでは自分たちらしさが出せないというカップルは、ちょっと工夫してオリジナリティを盛り込んでみてはいかがでしょうか。

たとえば、「写真のレイアウト」にこだわるだけでも、2人らしさをアピールすることができます。
正面から撮った2人の写真を一枚そのまま印刷するのもいいですが、横向きや後ろ向きの写真と組み合わせるととてもオシャレなレイアウトになりますよ。
また、写真自体をセピアや白黒に加工したものをはがきに印刷するのも素敵です。

さらに、ちょっとしたこだわりポイントとして、切手をオリジナルのデザインにするのもオススメのアイデアです。
お気に入りの写真を切手にできるというサービスを使って、結婚報告はがきに遊び心とオリジナリティをプラスしましょう。
はがきに大きく2人の写真を載せるのは恥ずかしいという方にも、このアイデアはピッタリ。
細かいところにこそこだわってみると、受け取った側も楽しめますよ。

別々のデザインでも思い入れがあれば素敵な結婚指輪に

結婚報告のはがきは、派手にすればいいというわけではありませんが、おめでたいことなので2人らしさを出して華やかにできるといいですよね。
受け取った側が笑顔になれるような、オリジナリティがある素敵なはがきを作ってみてください。

 
一覧へ戻る
  • lineオーダーのバナー
  • カタログ請求のバナー
  • webカタログ請求のバナー