結婚指輪の刻印~刻印する際の3つの注意点~

2017/03/26 ブログ

ここまで結婚指輪の刻印を入れるか入れないか、刻印の内容はどのようなものにするか、
といったことについてお話してきました。

今回はその「刻印」について、注意すべき点を3点お伝えしようと思います。

 

1.刻印の場所

刻印は結婚指輪の裏側にされる場合が多いですが、指輪のデザインによっては表側に刻印することも可能です。

 

しかし表側は、摩擦などの影響を受ける機会が多いため、

表面の刻印が擦れていってしまう可能性もあります。
そのような際には刻印を再び入れなおす必要がある場合があることも考えておきましょう。

 

2.文字数の制限

デザインによっては、入れることが出来る刻印の文字数は異なってくる場合があります。

 

刻印で入れたい言葉が決まっている方、特に少し長めの文字列をお考えの方は、

指輪を選ぶ際に刻印の文字が入るかどうかも考慮しておきましょう。

 

3.指輪持ち込みの際

ジュエリーショップの中には、そのショップで取り扱っている商品にのみ刻印可能、となっているお店もあります。

購入後に、指輪持ち込みの形で刻印をお願いしようとお考えの際には、お気を付けくださいね。

 

以上の3点にお気をつけて、自身のお気に入りの刻印を結婚指輪にあしらってみられてはいかがでしょうか?

  • lineオーダーのバナー
  • カタログ請求のバナー
  • webカタログ請求のバナー