結婚指輪選びで後悔しやすいポイント~細さ~

2017/03/14 ブログ

結婚指輪選びで後悔しやすいポイントについて、前回は「デザイン」をお伝えしましたが、今回はその中でも特に結婚指輪の「細さ」についてお話ししたいと思います。

細い指輪は、「可憐で女性らしい印象を与える効果がある」と言えます。

 

しかし同時に、細い指輪は日常の生活の中での衝撃を受けやすいという弱点も抱えています。

その衝撃で大切な指輪がなんと「変形」してしまう、といったケースも少なくはありません。
指輪を選ぶ際には、その指輪に含まれている金属の量にも着目してみてくださいね。

 

また、同じ結婚指輪の「細さ」について、もう一点デザインの面においても気を付ける点があります。

それは、「女性の手は年を取るにつれて、太く重厚感のある指輪が似合う手になっていく」、ということです。

 

前回の「結婚指輪選びで後悔しやすいポイント~デザイン~」の記事においても、

指輪選びの際に「指輪を着けている10年後、20年後の自分をイメージする」ということをお伝えしましたが、
指輪の細さをお選びになる際には、時の経過によって似合う指輪の太さも変わってくるということ、是非考慮に入れてみてくださいね。

  • lineオーダーのバナー
  • カタログ請求のバナー
  • webカタログ請求のバナー