結婚指輪の素材による違い~プラチナ~

2017/01/23 ブログ

結婚指輪に使われる素材は多くあります。
プラチナを初めゴールド、チタン、パラジウムなどです。
アクセサリーの素材に今までそんなに気を遣っていなくても、結婚指輪となると長時間付けるものですから、素材にもこだわりたいところです。

 

そこで今回から数回に分けて、素材による違いをご紹介いたします。

今回は、プラチナのご紹介です。

 

プラチナは強度も強く、メッキがはがれたりしても目立ちにくい色をしています。

指輪を日常生活でも付けている場合、家事をしている中でどこかにぶつける可能性も十分あります。
指は案外人に見られるところですから、もしぶつけてメッキがはがれても目立たないのは嬉しいです。

 

プラチナは希少性が高く比較的価格が高いことが多いです。

しかしせっかくの結婚指輪ですから、少々予算オーバーしていても、良いモノを選びたいものです。
プラチナはダイヤモンドとも相性が良く美しく見えるので、おすすめですよ。

 

いかがでしたか?

アクセサリーの素材は見た目は似ていても素材にはそれぞれの特徴があります。
次回は、ゴールドの特徴についてご紹介いたします。

  • lineオーダーのバナー
  • カタログ請求のバナー
  • webカタログ請求のバナー