プロポーズの失敗例

2016/12/06 ブログ

結婚を意識した際に避けて通れないのが「プロポーズ」です。
プロポーズでしっかりとパートナーのハートを掴むことが大切でしょう。
そこで今回は「プロポ―ズの失敗例」をいくつかご紹介いたします。
失敗例を理解することで、同じ過ちは繰り返さないようにしましょう。

 

まず一つ目の失敗例は、女性の心の準備ができていないということです。

やはりプロポーズはタイミングも大切です。
当然といえば当然ですが、女性がまだ結婚を意識していないのに先走ってしまっては逆効果です。
普段の会話の中で、相手も結婚を意識しているかそれとなく聞いておくようにしましょう。

 

また、大掛かりで凝った演出も、相手によっては好まない可能性があります。

人前で行うプロポーズなどは、「うれしい」と感じる人もいれば、「恥ずかしい」と感じる人もいるでしょう。
相手の好みをしっかりと把握したうえで、大掛かりな演出は考えるようにしたほうが良いといえます。

 

さらに、あいまいなことばでのプロポーズというのもどちらかといえば失敗に終わることが多いでしょう。

プロポーズは将来を左右する大きな出来事でもありますから、
しっかりとまっすぐ想いを伝えたほうが、相手に気持ちが伝わるといえます。

 

いかがでしたでしょうか。

プロポーズを検討されている方はぜひ参考にしてみてください!

  • lineオーダーのバナー
  • カタログ請求のバナー
  • webカタログ請求のバナー