指輪のつけ外し

2016/06/23 ブログ

婚約指輪、そして結婚指輪はパートナーとの絆を象徴する大切な物。

 

だからこそ、いつでも身に付けておきたいものですが、傷や破損を防ぐ為には一時的に外しておくようにするのがお勧めです。

 

例えば、家事や入浴時は外したほうが良いでしょう。

 

家事の間に指輪に傷をつけたり、食器を傷めたりしにくくなります。

 

無理をすると指も痛くなってしまいますから、外したほうが痛みも少ない快適な家事になるものです。

 

入浴の際は、婚約指輪や結婚指輪に宝石をあしらっている場合、特に注意が必要になります。

 

指輪から宝石が外れて流されては大変ですから、大切な指輪を長く綺麗に使い続ける為にも、外しておいた方が良いでしょう。

 

なお、指輪を外した時はなくさないように置き場を決める事が大切です。

 

指輪は小さく、そして軽いものですから、不用意に放置しているとすぐに無くしてしまいます。

 

また、パートナーの作業や活動中に、気づかない内に指輪を動かしてしまう事もありえるものでしょう。

 

一度無くすと探すのが大変ですし、場合によってはゴミやホコリが付着して取り除くのが大変です。

 

大切な婚約指輪、そして結婚指輪だからこそ、大切に使い続ける為のベストな選択をしましょう。

 

 

  • lineオーダーのバナー
  • カタログ請求のバナー
  • webカタログ請求のバナー