はめる指の風水上の意味〜人差し指〜

2016/06/07 ブログ

指輪というのは、かなりたくさんのデザインがあり、素材も色々なものがあり、それらを選ぶのが楽しいのはもちろんですが、それをどこの指にはめるかを選ぶ楽しみというのもあります。

 

なお、指輪をはめる指によって風水上の意味が異なりますから、そういったことも意識しつつはめるようにするのも良いものです。

 

例えば、人差し指にはめた場合の風水上の意味ですが、これは行動力をアップさせるという意味がこめられています。

 

別の言い方をすれば、積極性が増すということにもなるわけで、自分から色々と動いて行くことにつながっていくため、新しいことを始めたい時にピッタリと言えます。

 

また、集中力のアップといった意味もこめられていますので、こういった形で日々動いて行くようにすれば、恋愛運がアップするということが期待できることでしょう。

 

さらに、出会い運にも良い影響が出ることが期待できます。

 

積極的に行動していくことで、色々な出会いに恵まれる確率が高まり、高い集中力で人と接することで、その出会いを無駄にせず、関係を深められるようになることが期待できるでしょう。

  • lineオーダーのバナー
  • カタログ請求のバナー
  • webカタログ請求のバナー