指輪がくすんで見える理由

2016/02/19 ブログ

購入した時には美しい輝きを放っていた結婚指輪も、時が経つにつれてだんだんその輝きは失っていくようになります。
いつの間にかくすみが出てしまったり、形が崩れてしまうようになる事もありますので、最初の頃の輝きが失われているのです。

 

指輪にくすみが出てしまう理由としては、毎日つけていることによって、皮脂や化粧品などの脂汚れが付いてしまうことが原因になります。
自分では綺麗に洗っているつもりだったとしても、いつの間にかくすんできているようであれば、美しくありません。
くすんだまま使用していると、気持ちまで暗くなってしまうような気がしてしまいますので、くすみを取るようにしてみるといいでしょう。

 

指輪のくすみを取る方法としては、購入店に持って行きクリーニングをしてもらう事です。
クリーニングをすることによって、以前のような輝きを取り戻すことが出来るようになります。
定期的にクリーニングをするようにして、指輪が綺麗に輝いていると手先が綺麗に見えるようになります。
美しい輝きを放つ指輪を付けて、出かけるようにしたいですね。

  • lineオーダーのバナー
  • カタログ請求のバナー
  • webカタログ請求のバナー