子どもの結婚を機に婚約指輪をリフォームしませんが?

2016/02/01 ブログ

婚約時に旦那様から贈られた指輪を、今はもう引き出しの奥深くにしまいこんでしまっている…という方も多いのではないでしょうか。
指輪のデザインにもよりますが、邪魔になったり、はめようとおもってもはまらなくなってしまっていたりするなど、理由は様々でしょう。

 

せっかくの高価なお品物が長い間お蔵入りでは、もったいないどころの騒ぎではありません。
旦那様にとっても、「最近あれをつけたところを見ないなあ」と思っているかもしれません。

 

そこで思い切って、宝石のリフォームを考えてみるのはいかがでしょうか。

 

おすすめなのが、指輪をネックレスに通してしまうということです。
指輪だと指の太さが変わる度にサイズを変えなければなりませんが、ネックレスにすればそれほど頻繁にサイズが変わることもありません。
また、多少サイズが変わったとしても、チェーンの後ろの目立たない部分にアジャスターをつけるなどすれば、それだけでOKです。

 

婚約指輪の宝石を外して、リングの部分のプラチナなどの貴金属は買取をお願いするのも良いかもしれません。
そういったことを通せば、ネックレスへの変更リフォーム代金は、思っているよりずっと安く仕上がるかもしれません。

  • lineオーダーのバナー
  • カタログ請求のバナー
  • webカタログ請求のバナー