ダイヤモンドなど宝石の価値を決める方法であるグレード4cとは

2014/12/25 ブログ

1年の中でお祝い事があった際に身につける装飾品として宝石がありますが、その宝石の中でも特に長い歴史の中で人気なのはダイヤモンドです。

このダイヤモンドは火山から生み出される鉱物の中でも特に透明度がありかたい材質の石であり、その光沢と装飾品以外の利用価値の高さから長い歴史で人気となっている理由なのです!

そのダイヤモンドといった宝石は回収したての原石のままでは価値はほぼ大きさ以外にないことを知る人は少ないと言えます。

そこでこの宝石の価値を世界基準で生み出すものとなっているのがグレード4cと呼ばれる言葉があり、このグレード4cとはダイヤモンドの価値を表すものと光沢を最大限に引き出す物を複合して使われる言葉です。

そのグレード4cの内容としてはまず原石の状態のままにある色において、

その原石の段階で不純物が少ない状態の色が無色透明が最も高い価値であることを意味するカラーのCです。

そして2つ目のCは原石の内部を顕微鏡で見た際に、その内部に傷が無いことに加えて

元は自然天然の物のため溶岩から溶け出される際に他の功績と混じることがあるのですがそれが無いことが最も価値のあるものとされる基準のクラリティのCです。

そして3つ目のCは原石の状態で大きさと重さを意味するカラットのCです。

そして最後のCは先に言ったとおりに宝石はその状態のままでは価値が無いためその光沢を最大限に発揮させる研磨をおこなう人間の技を意味するカットの4種類で構成されていることが重要視されています。

今後において宝石を購入する際に最も価値のあるものを選ぶ際には、このグレード4cとはその知識を知ることで品質の良い物を選ぶことができますね。

  • lineオーダーのバナー
  • カタログ請求のバナー
  • webカタログ請求のバナー