購入する前には必ずチェックしておくべきこと・婚約指輪のサイズについて

2014/12/04 ブログ

これは実際にやられると贈る側としては恥ずかしいですし、贈られる側としてもがっかりしてしまう要素のひとつなので、出来る限り避けたいトラブルのひとつですよね。

なので、2人一緒に選ぶということができない場合やサプライズで贈りたいと考えている場合、婚約指輪のサイズは絶対に把握しておかなくてはいけないポイントとなるわけです。

販売されている婚約指輪のサイズはある程度オールマイティに用意されていますし、万が一指定のサイズがなかった場合はオーダーメイドで作ってもらうこともできます。

なので、サイズがなかったということはまずないので、とりあえず贈る相手の指のサイズを把握しておくことが大切になります。

一般的には相手に確認することが一番手っ取り早く、大抵の人は自分の指輪のサイズを把握しています。

ただ、サプライズで贈りたい場合は直接確認するということは難しいため、ほかの方法で調べることになります。

方法としてはいくつかあり、普段相手が身に着けている指輪を実際自分の指にはめて確認してみる・寝ている間など気づかれないように紙や糸を巻いて測る・相手の友人に確認する、などがあります。

そうしてある程度のサイズを確認してから、指輪を販売している店舗に伝えれば大まかであってもサイズの見当をつけてくれるので、相手の指に合った指輪を購入することができます。

  • lineオーダーのバナー
  • カタログ請求のバナー
  • webカタログ請求のバナー