Metal

貴金属について

貴金属

『人体に害がないこと』『見た目が綺麗であること』『高価であること』
『傷が付きにくいこと』『変色がしづらいこと』『加工しやすいこと』

「Hamri」では、このような貴金属をブライダルジュエリーとして使用することに重きを置いています。

こちらのページでは貴金属の素材についてご説明いたします。

Platinum プラチナ

プラチナは純粋な白色に輝き、希少性の高さからも、宝飾の世界で愛用されてきました。プラチナの輝きと、その色はずっと変わることがありません。ふたりの愛も永遠に輝き続けるようにと、日本のブライダルジュエリーにおいて最も人気があります。「Hamri」ではPt950、Pt900の2種類のプラチナをご提案しております。

Pt950プラチナ

ハムリのPt950はプラチナ95%、イリジウム3%、ルテニウム2%のパラジウムフリーの金属になっておりパラジウムの代わりにイリジウムを入れることにより少しだけ鮮やかな白色になりPt900よりも傷が付きにくい金属になります。加工が難しいためPt900より料金が掛かりますが、パラジウムアレルギーなどの金属アレルギーが気になるお客様にオススメです。(Ptプラチナ95%+Irイリジウム3%+Ruルテニウム2%)

Pt900プラチナ

日本のブライダルジュエリーでは最もポピュラーの貴金属でプラチナ90%、パラジウム8.5%、ルテニウム1.5%の配合になってます。ルテニウムを入れることでより硬くなり、ハードプラチナとも呼ばれています。(Ptプラチナ90%+Pdパラジウム8.5%+Ruルテニウム1.5%)

Gold ゴールド

ゴールドは、永遠の富と権力の象徴とされ、太古の昔から権力者の装身具の素材として使われた最古の貴金属でもあります。他の金属との合金で、様々な色味を出すのも特徴です。金は24分率で表され、純度100%を24金としてます。「Hamri」のK18ゴールドは金(Au)、銀(Ag)、銅(Cu)、パラジウム(Pd)の4つの金属を使用しています。75%の金と、残りを銀や銅または、パラジウムなどで合金にしカラーゴールドにしています。「Hamri」では7種類のK18ゴールドをご提案しております。

K18イエローゴールド(6:4)

一般的な"黄金色"に最も近い色です。欧米でも古くから愛されています。ジュエリーでは最もポピュラーの貴金属で金75%、銀15%、銅10%の配合になってます。(Au金75%+Ag銀15%+Cu銅10%)

K18ピンクゴールド

銅を多くすることで赤みが強くなりピンク色に見えます。やわらかいピンク色は、日本人の肌になじむ美しさがあります。パラジウムを入れた落ち着いたピンクゴールドも人気です。金75%、銀5%、銅20%の配合になってます。(Au金75%+Ag銀5%+Cu銅20%)

K18ホワイトゴールド(Pd10%)

金にパラジウムを10%入れることによりやや茶色掛かったシャンパンカラーのゴールドになります。普段お店で見ることも少ないため金属カラーで他の人と被らないことで人気があります。金75%、パラジウム10%、銀10%、銅5%の配合になってます。(Au金75%+Pdパラジウム10%+Ag銀10%+Cu銅5%)

K18ライムゴールド

イエローゴールドの銀の割合を多くすることでややグリーン掛かったゴールドになります。イエローゴールドより鮮やかな色合いになります。金75%、銀20%、銅5%の配合になってます。(Au金75%+Ag銀20%+Cu銅5%)

K18イエローゴールド(5:5)

K18イエローゴールド(6:4)に少し銅を多くした金属になります。純金色に近く昔から人気のイエローゴールドになります。金75%、銀12.5%、銅12.5%の配合になってます。(Au金75%+Ag銀12.5%+Cu銅12.5%)

K18ホワイトゴールド(Pd15%)

パラジウムの配合を15%にし、黄色味のないホワイトゴールドになります。金75%、パラジウム15%、銀5%、銅5%の配合になってます。(Au金75%+Pdパラジウム15%+Ag銀5%+Cu銅5%)

指輪

よくある質問をご紹介

手作り結婚指輪・婚約指輪の専門店『Hamri』では、お客さまからのご質問に対して、ひとつひとつ丁寧・誠実にお答えしております。このFAQのページでは、お客さまからの、よくあるご質問にお答えしています。手作りの結婚指輪・婚約指輪ってなんですか?どのくらいの金額でできますか?手作りだけど、どうやって作るの?強度は大丈夫?などの、お客さまからの、よくあるご質問に加えて、疑問や不安に思われている事に細かくお答えしています。指輪以外のことでも、特典やサービス内容について、お支払い方法についてなどのご質問にもお答えしています。ご来店されるお客さまには、疑問や不安なことはすべて解消してから、制作に入っていただきと思います。その他のご質問や疑問などがございましたら、『Hamri』へお気軽にお問い合わせください。

  • lineオーダーのバナー
  • カタログ請求のバナー
  • webカタログ請求のバナー